医師が講師で働く場合で多い年齢は?

医師の講師求人TOP >> FAQ >> 医師が講師で働く場合で多い年齢は?

医師が講師で働く場合で多い年齢は?

医師の講師の求人を求めている年代というのは、どのくらいの年代に多いのかという疑問を持っている方は何気に多くいらっしゃるでしょう。ドクターの先生になるわけですから、ある程度の経験が求められるというのは誰しもが想像する所でしょうし、そうなれば、長い間臨床医として活躍しているのが前提という考えを持つ方が多いと思います。そうなると40歳以上のドクターでなければ、医師の講師の求人には条件が満たないのではという疑問を持つ方も多いと思います。

大学病院での教授の例を挙げてみると、やはり講師の中でも最高位である教授の地位までに登り詰めるためには、やはり40歳前後といったところが多いようですね。あまり例がありませんが、理論上では最短で30歳という若さでも教授に就任することは可能です。医学部は6年制ですから大学卒の状態までで24歳ということになります。その上で、レジデントの期間が現在では2年間設けられていますから、ドクターとして認められるまでは最短でも26歳ということになります。

その後大学院で4年というキャリアを積むことによって、順調に博士号を取得することが出来、運などにも恵まれれば、教授に抜擢されることになり最短で30歳で教授に就任といったキャリアを形成することは可能とされています。以前と比べ、大学の医学部を卒業し、研修医の状態を抜けるだけでも26歳といった年齢になってしまうということもあって、現代で20代の若さで教授に就任しているという方はあまり見られません。

現在スタンダードに見られているのは、国内で前述のようなキャリアを摘み、博士号を取得した後、より講師としての深い知識と、幅広い視野などの獲得のため、海外留学を2年から3年経験するといった形を選択するドクターが増えています。その後に国内に戻り講師になる。もしくは助教授に抜擢されて、更に論文などを作成し続け、30代後半に教授へとキャリアアップしているというドクターが一般的ですね。

一昔前とは、前述にもある通り、まず大学の医学部を卒業し、レジデントからドクターになるまでにある程度の時間を有しますから、30代半ばなどで講師担っているといった方が多いようです。その後に上のキャリアを目指し、様々なステップを踏んでいくことになるのです。こういったキャリアパスの生成は、より医療業界に詳しい医師に特化した転職エージェントに登録をし、自分に見合ったキャリアパスを生成してもらうことも、良質な選択肢といえるでしょう。

医師の講師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師<※講師>募集ガイド All Rights Reserved.