医師の講師の転職先は?

医師の講師求人TOP >> FAQ >> 医師の講師の転職先は?

医師の講師の転職先は?

医師の講師へと転職を考えている方の中には、転職先としてどういった所が用意されているのかを知りたいという方がいらっしゃることでしょう。転職先となるのは、大学病院と医療系予備校くらいに限定されます。このうち医療系予備校に関しては、ほとんどの場合が非常勤講師を募集しています。他にも需要が圧倒的に現役世代の医師には少ないということや、給与が一般病院の医師と比較にならないということからも、やはり大学病院がメインの転職先にナルといえるでしょう。

医師の講師の転職先である大学病院という所は、やはり一般的な民間病院と比較すると、その情報量ははるかに少ない傾向が強いです。民間病院に関しては、基本的にはその病院施設の医療方針にマッチングした医療行為を行っていけばいいだけですが、大学病院になると、次代を担う医学生の教育や、他にも新しい医療技術の開発といったものを行なっていく必要があります。この大学の役割の1つである次世代の医師を育てる分野には、講師という人材が必要になるのです。

医師の講師というものは、次世代の医師となる若者たちを教育するという仕事ばかりを担えばいいだけではありません。新しい医療に関しての開発といったものはもちろん、一般的な医療機関同様に診察業務やオペなども積極的に行なっていかなければならないのです。つまりは、何気に仕事内容としてはハードであり、多忙を極めるといったことが挙げられます。

診療行為はもちろんですが、講義や学生の実習作業。更に研究などを行なっていく必要があります。その上でその上の准教授や教授といったキャリアアップしていく場合には、かなり狭き門をくぐり抜けていく必要があるという苦労もあります。その上、仕事がハードであるにも関わらず、そこまで年収などの待遇面が優遇されていないというのが現状としてあるのです。こういったことからも求人数的には一般病院と比べると少ないものの、求人数は一定数保たれている状況です。

やはり高い志を持って大学病院に入職したとしても、前述にあるようなことからも離職者が増加しているというのが現状としてあるのです。国も大学病院に勤務する医師の講師に対して、待遇面をアップさせることを計画はしているものの、まだまだ充実していないというのが現状のようなのです。ですから医師の講師の転職先として筆頭に挙げられる大学病院へと転職を希望する場合、しっかりとした現状を転職エージェントなどで事前に把握しておくことが失敗しないためのコツなのです。

医師の講師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師<※講師>募集ガイド All Rights Reserved.