医師の講師の種類は?

医師の講師求人TOP >> FAQ >> 医師の講師の種類は?

医師の講師の種類は?

医師の講師へと転職をしたいと思っているドクターもいらっしゃると思いますが、一体どういった講師の種類があるのかという疑問をお持ちの方は沢山にいらっしゃいます。一般的な病院のドクターでも、診療科別によって求められるドクター像というものは違ってくるといえるわけです。同じように講師という仕事でも、ある程度の種類に分けることができ、特徴というものがありますから、しっかりと把握しておきたいところなのです。

まずスタンダードな案件としては、各種大学の医学部に所属する講師といったものです。一番医師の講師の案件の中でも、よく見ることが出来る医師の講師の求人の種類といえるでしょう。同様に講師という職種はもちろん、准教授や教授といったものの求人も、ごくわずかではあるものの見つけることが可能でしょう。基本的には、大学病院の医学部において、これから医師を目指す人間へと教育をしていく仕事が1つの種類になります。

次に挙げられるのが、医師国家試験対策に特化している医療系予備校などの講師になります。大学を卒業したとしても、医師国家試験に合格をしなければ、医師免許を取得することが出来ません。大学の医学部卒といった立場の場合、医師国家試験の合格率は90パーセントと軽えているような高い合格率を誇っているものの、やはり実際に試験に合格出来るかどうかは不安という方が多いわけです。そのため、例年の国家試験の出題傾向を分析し、その年々見合った対策を練るのが医療系予備校の役目になります。

他にも単純に医師国家資格だけではなく、医学部を卒業するために設けられている予備校のようなものも存在しています。実は医学部は入学してからが大変とされています。6年間の教育が義務化されており、約100万円ともされている教科書代などのコストが掛かります。その上で年間に掛かる雑費や学費といったものが発生します。それはそれとして、進級をするためには、全科目が必修科目である上に、全科目を合格してのみ進級が許されます。

こういったことからも、進級のための予備校のようなものが存在しており、進級対策を行なっているというのが現状なのです。こういった施設でも、当然にそれらの対策を講じることが出来る医学的な知識に明るい講師を欲している傾向が高いですから、転職先の1つとなるのです。このように医療の講師の種類というのは、視野を広げてみた場合、何気に広く存在していますから、求人と巡り合うことも可能なのです。

医師の講師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師<※講師>募集ガイド All Rights Reserved.