医師の講師として必要なスキルは?

医師の講師求人TOP >> FAQ >> 医師の講師として必要なスキルは?

医師の講師として必要なスキルは?

医師の講師になるためには、様々なドラマでも描かれていてご存知の方もいらっしゃると思いますが、大学病院には医局といったものが存在し、医局長がまず現場での高い権限を有しているということ。他にも権力のほとんどは、教授に集中する傾向があるということが挙げられます。つまり、医師の講師になるために必要なスキルといえば、医師としての特定分野での研究スキルなどはもちろんですが、それ以上にコミュニケーション能力や人間力といったものが重要視されるといったことでしょう。

腕だけでのし上がるといったケースでは、あまり大学病院や医師の講師といった職種はあまりオススメ出来る転職先とはいえません。どちらかといえば、論文が中心であり、特定の医療分野での研究がメインになるからです。オペスキルや患者さんへの対応といったようなものよりも、医療の最前線において、新しい発見や発想といったものがモノを言うような勤務先であるということです。

医師の講師の転職先である大学病院には、将来に日本の医療を支えていくであろう医師の育成といったものはもちろんですが、患者さんの診察を行うことも当然にあります。これは各大学病院施設によってもまちまちですが、例えば特定機能病院として指定されている場合には、完治が難しいとされている難病を持っている患者さんを受け持つことも義務付けられており、高い医療スキルと知識を有していることが求められるのです。

更に加えて、現在では治療が困難とされている病気などに対しての新しいアプローチ方法や治療方法を開発するといったことも、大学病院に課せられている役割になりますから、医師の講師になるためには、これらの条件を揃えておきたいところなのです。医師の講師といえば、ただただ医学生の教育を行うための指導力や学力といったものがあればいいと思われがちですが、そういったことがないということなのです。特に医局内は一般的な民間病院とはまったく異質のところですから、しっかりと把握しておきたいところです。

このように医師の講師のスタンダードな転職先である大学病院というのは、あまり内情が出てこず、しかも特殊な勤務先であるという特徴があるわけです。こういったなかなかに一般人に情報収集が難しい転職先の場合には、医療業界に特化している転職エージェントに登録をして、実際に置かれている医師の講師の立場や必要なスキルといったものの情報収集を行なっていきたいところなのです。

医師の講師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師<※講師>募集ガイド All Rights Reserved.