大学病院での医師と講師の違いは?

医師の講師求人TOP >> FAQ >> 大学病院での医師と講師の違いは?

大学病院での医師と講師の違いは?

医師の講師の勤務先として代表的なものといえば、やはり医学部が存在している大学病院といえるでしょう。大学病院には、綿密にいえば、医師と講師といったものが存在しています。正確に言ってしまうと、どちらもドクターであることに変わりはありません。また、診察などを行なったりすることも基本的には一緒ということになります。ただし講師の場合には、医師を目指す学生などに対して、授業などを行うといった仕事がプラスされていると言ってもいいでしょう。

大学病院に存在している医師を単純に分けると、教授、准教授、講師、医局員といったランク分けをすることが出来ます。これは一般的な企業の課長や係長、部長といった役職分けと一緒であり、上記の医師と講師の違いは、一般企業の無役職の一般社員の立場にあたるのが医局員であり医師と呼ばれるもの。講師の職は、この医局員という立場よりも上の係長のような立場のドクターだと考えてください。

一般的な民間病院の医師との違いとしては、一般的な医療機関は、厚生労働省の管轄の施設になりますが、大学病院というのは、文化省直轄の病院であり、学校施設でもあるといったような違いがあります。つまりは、大学の職員でもあるといったような違いがあることを覚えておきましょう。このような違いが医師と講師といったものの間にはあるということを覚えておきましょう。一般病院の医師と大学病院の講師というのは、こういった違いがあるというわけです。

大学病院には医師と講師といったものがどうしてあるのかというと、一般企業と同じであり、講師という役職はある程度に数が限られているからなのです。つまり大学を卒業しても講師の職がないがため、大学院生として大学に残りながら医師として働き、その上で講師の職が空くのを待っているというのが大学病院の医師になります。一般企業でも係長に誰でもなれるかといえばそうではありません。それと同様のことがあり、大学病院でそのチャンスを待っているのが大学病院の医師(医局員)になるのです。

このように一般的な病院機関の医師と医師の講師との違い。更に大学病院の中での医師と講師の違いといったものがありますから、しっかりと覚えておきましょう。こういった事情があるため、確かな医師としてのスキルや知識、経験といったものがなければ、医師の講師の求人と巡り合うことは難しいといえるのです。医療特化した転職エージェントを利用し、交渉力の高いコンサルタントのサポートを受けることが最も良質な転職活動と言って良いでしょう。

医師の講師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師<※講師>募集ガイド All Rights Reserved.